ENTRY

社員インタビュー社員インタビュー

FA事業部 営業 主任 S.YFA事業部 営業 主任 S.Y

営業として、一貫してプロジェクトの進行に関わりました。

当初、お客様は老朽化したDCSを更新するにあたり、DCSの後継機に交換するか、計装PLCに切り替えるか検討しており、計装PLCに強い企業としてアイテックにお声がけいただきました。
そうしたお客様の依頼に対し、私は営業として、具体的な要望を聞くための打ち合わせから社内の技術者への展開、相談。そして見積もり作成まですべてを担当。
お客様に計装PLCの拡張性や汎用性の高さをアピールして、無事、受注が決まりました。
しかしその後も、現場任せにせず、自ら工程管理をして、トラブルが発生したときにはすぐにお客様の元へ走り、常にお客様との接点に立って、滞りなくプロジェクトが進行するのを見守りました。

導入事例の概要については「事業について」をご覧ください

コスト面でも納得していただける提案力と
いつでも要望に応える姿勢が信頼に繋がります。

特に苦労したのはメリットとコストのバランスです。私たちは常に新しい価値を付加してご提案していますが、そのメリットとコストが見合っているかどうかしっかり伝えなければ、受注に繋がりませんし、お客様にも満足していただけません。またお客様から「何とかして欲しい」と頼まれると、短納期や難しい案件であったとしても、何とか応えたいと動くのが営業としての私の信条。

しかし、繁忙期には社内の技術者でも手が回らないこともしばしば。そんな時のために、外注先と良好な関係性を保つように心がけ、万が一にも対応できる体制を整えています。
小さな努力ですが、こうしてどんな時もお客様の声に応える姿勢が、アイテックの信頼に繋がると信じています。

理系の知識ゼロで入社。
毎日の積み重ねが成長の礎です。

この案件を通じて、つくづく「仕事とは積み重ねである」と感じました。
実は私は文系出身で、入社当初は技術の知識などまったくなく、本当にやっていけるのだろうかと不安を感じた日々もありました。
しかし、そんな中で先輩やメーカーさんを頼りに、わからないことは聞きまくって自分なりに勉強してきました。
徐々に知識を深めてきた結果、今ではお客様と技術者の間に入って、話が進められるまでに成長。
本案件も無事に納品でき、お客様からも「便利になったよ」と嬉しい声をいただきました。
それだけでなく、拡張性の高いシステムを導入したことで次の拡張工事も確定しています。
私たちが販売するのは常にオーダーメイド。お客様の要望を、新しい価値に変えて、よりよい提案ができるようにこれから知識を蓄えていきたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 9:00 朝礼
  • 10:00 ミーティング
  • 11:00 得意先へ訪問(平均1日3~4社)
  • 12:00 昼休み
  • 17:00 帰社
  • 17:50 見積もり・書類作成、明日の準備
  • 18:00 退社

就職活動中の皆さんへ就職活動中の皆さんへ

一から提案できる仕事にやりがいを感じます!

文系出身の私にとって、アイテックは就職先として想像もしていない業界でした。
しかし、就職活動で視野が広がり、お客様の困りごとや要望を聞き、最適なシステム構築を提案するという
お客様と一から進めていく仕事に魅力を感じました。
知識がなくても、必ず成長できます。
就職活動中は、自分について、社会について、しっかりと勉強できる貴重な時期です。ぜひがんばってください。

PAGETOP